オーディオブック聴くならどのサービスがおすすめ?【読書家が選びます】

 

こんにちは、Ryotaです。専門は心理学です。

今回はオーディオブックが聴ける優良サービスを紹介したいと思います。

オーディオブックとは?

オーディオブックとは耳から本が聴けるサービスで、Amazonのaudibleやオトバンクのaudiobook.jp(旧Febe)が有名です。本はプロのナレーターさんが読んでくれるため、よくあるAIの音声読み上げ機能のようなものとは質が違います。

オーディオブックのメリット

かなり快適に耳から本を聴くことができます。知識のアップデートのために読書は必要ですが、中々本を読む時間がないという人もオーディオブックなら作業しながら聞き流すことができるので便利です。

ページをめくらなくていいので場所を選ばずいつでも読書できるので、大量の知識をインプットできることもオーディオブックのメリットです。また、速度調整が可能なので、自分のペースで本が聴けるのも魅力的です。

まとめるとメリットは以下のような感じになります。

・隙間時間に読書できる
・大量の知識を手軽にインプットできる
・速度調整可能で自分のペースで本が聴ける

僕自身もかなりの数のオーディオブックを購入していますが、本当に便利だなと日々思っています。以下は僕の本棚の一部です。結構色んな種類のオーディオブックを購入しています。

オーディオブックのデメリット

しかし、もちろんオーディオブックにはデメリットもあります。

それは

・値段が高くなりがち
・種類が少なく専門書がほぼない

ということです。

オーディオブックはお伝えしたとおり、ナレーターさんが読み聞かせしてくれるという感じなので、紙の本より値段が高くなりがちなんですね。

たとえば、Amazonのaudibleでは、1500円の紙書籍がオーディオブック版は倍の3000円程度で売られていることがあります。高くなるのは当たり前といえば当たり前なのですが、ちょっと痛いですよね。

種類が少なく専門書がほぼないというのもオーディオブックのデメリットです。

普通、これまで出版された本の中で、特に人気が高かった本がオーディオブックになります。そのため、専門書のような一部のマニアしか読まないような本はオーディオブックになりません。

これは豊富な種類の本を学びたい人には少し悩ましいことですね。特に科学書好きには痛い話です。専門家ならば読みたい本がオーディオブック化されていないことが多いと感じることでしょう。

このようなオーディオブック特有のデメリットがなければ・・・と思うかもしれませんが、実はあるのです。

現状audiobook.jp一択

それがaudiobook.jp↓です。

オーディオブック聴き放題なら – audiobook.jp

あらゆるオーディオブック配信サービスの中でも、audiobook.jpがおすすめな理由をお伝えします。

まず、audiobook.jpのオーディオブックは紙の書籍と値段が同じかそれよりも安いです。セール時には半額ということもあります。しかもほぼ毎日なんらかの本が安くなっています。

次にaudiobook.jpでは、オーディオブックサービスには珍しく科学書が売られています。

具体的には、社会心理学の名著『影響力の武器』シリーズや『スタンフォードの人生を変える教室』、『サピエンス全史』などが配信されています。

メンタリズムに興味がある人なら、メンタリストDaiGoさんの本や苫米地英人さんの本も豊富に配信されているのでおすすめです。

最後に、オーディオブックの配信サービスは定額制であることがほとんどですが(単体購入できても割高)、audiobook.jpでは一冊から定価で購入可能です。もちろん聴き放題の定額サービスもあるのですが、個人的には好きな本をじっくり選んで一冊ずつ購入するのが好きなのでありがたいです。

audiobook.jpはコスパが良いサービスですし、一冊から購入可能なので読書好きの人は一度試してみてはいかがでしょうか?

というわけで、今回は以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です