【心理学】資格なしで仕事はできるのか?【心理系大学院卒が教えます】

 

こんにちは、Ryotaです。

今回は

・心理学の資格なしでも心理系の仕事ができるのか?

というテーマでお伝えしていきたいと思います。

法律上は資格なしで仕事可能

結論から言うと、法律上は可能です。ただし、求人は基本的にないのが実態です。

カウンセラー職はもちろん、心理系の求人はどれも資格なしではありません。

例外は大学院の新卒です。資格取得見込みで求人がある場合があります。

基本的には何らかの心理系資格がないと心理職として就職はできないと考えておくべきでしょう。

信頼性のある心理系資格

では、どのような資格であれば就職が可能でしょうか?

心理職として就職するために必要な資格は以下の2つです。

・臨床心理士
・公認心理師

その他、信頼度の高い資格としては、

・臨床発達心理士
・学校心理士
・特別支援教育士

などが挙げられます。

心理のプロと呼べるのはここまでです。

逆に言えば、基本的にはこれら以外の資格で心理職として仕事をすることはできません。

例外的に認定心理士での求人が稀にあることがありますが、数としてはかなり少ないです。

安易にカウンセラーを名乗らない方が良い

しかし、最初に言ったように求人はないものの法律上、上記の資格がなくても仕事をすることはできます。

たとえば、あなたが明日からカウンセラーと名乗ることは可能です。

ですが、上記の資格は全て大学院レベルの知識と技術を持つことを証明する資格です。

そんな人たちと適当に思いつきで明日からカウンセラーですと名乗るだけの人では、はっきり言って比較にもなりません。

また、カウンセリングにはさまざまなリスクも伴いますので、法律上問題ないからといって安易に始めない方が良いと思います。

まずは認定心理士を目指すところから始めてみてください。

 

というわけで、今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です