自己啓発セミナーへの参加が無意味な理由

自己啓発セミナー

以前、僕の知人が自己啓発セミナーにハマっていました。

具体的には、一回30万円するセミナーで、友人によると、家族ぐるみでハマっているとのこと。

そのセミナーの主催者によると、セミナーに参加すると行動力とモチベーションが最大まで上がり、イメージ力が上がり、イメージがリアルになることで現実に反映されて大きな夢が叶うとのことです。

僕が「実際受けてみてどうだった?」と尋ねるとその知人は「行動が大事っていうのが本当にわかった」と熱弁していました。

皆さんの周りにも自己啓発セミナーにハマってしまった人がいませんか?

結論から言うと自己啓発セミナーを受けても人生は変わりませんし、意味がありません。お金と時間の無駄です。

強いて言うなら「こんな悪徳商法があるんだ・・・」と学習できるぐらいでしょうか。

自己啓発セミナーにハマりやすい人の特徴

自己啓発セミナーにハマりやすい人には以下の特徴があります。

・依存的
・環境に左右されやすい
・自分軸が不安定

依存的

3つ目の自分軸が不安定とも関連しますが、自己啓発セミナーにハマる人は依存的であることが多いです。

自分一人では不安で、何かべったり頼るものがあると安心を感じる。そんなタイプです。

こういう人は自己啓発セミナーから離れられず、大金を巻き上げられてしまいます。

環境に左右されやすい

雰囲気に飲まれやすい人も自己啓発セミナーにハマりやすいです。

ちょっと良いことがあると舞い上がり、逆にちょっと悪いことがあるとどん底まで落ち込む。

このような傾向がある人は注意です。

日常で自己啓発セミナーに疑いを持ったとしても、参加する度にその場の雰囲気に影響され「やっぱり継続しよう!」となってしまいがちです。

自分軸が不安定

自己啓発セミナーにハマりやすい人は、ずばり「自分軸が不安定」な人です。

いつも他人の意見を聞かないと自分で決められない人や、自分の考えはたくさんあるけれど、言語化して相手に伝えられず、「わかっていたのに・・・」と悔しい思いをしてしまう人などです。

自分の頭で考え、自分の責任で自分で判断を下すことが苦手な人は自己啓発セミナーにハマって搾取されやすいです。

自己啓発セミナーの内容

「自己啓発セミナーの内容を一言でまとめると?」と考えてみると、多くの自己啓発セミナーは「行動が大事」「イメージが大事」「気持ちが大事」の中のどれかに集約されるでしょう。どれも当たり前のことです。

当たり前のことを大袈裟に言って大金を取っているのが自己啓発セミナーです。

なので、わざわざ大金を払って自己啓発セミナーに足を運ぶ必要はありません。

自己啓発の良書を数冊読めば済む話だからです。

【関連記事】【自己啓発本おすすめランキング】100冊以上読んだ僕が厳選します

あとは騙されないために正しい情報を知っておくことが必要です。

自己啓発セミナーに騙されない

先ほどお伝えした自己啓発セミナーで取り上げられる以下の3つの項目について科学的な視点から解説を加えます。

・「行動が大事」「イメージが大事」「気持ちが大事」

行動が大事✖️

「行動が大事」というのはその通りです。しかし、これは皆わかっていることです。「行動できるようになりたいから自己啓発セミナーに行く」という人が時々いたりしますが、行動したいなら今すぐその行動を取る方が良いです。

たとえば、「好きな人がいて告白したいけれど伝えるのが怖い。だから、自己啓発セミナーで行動力を上げて〇〇ちゃんに告白するんだ!」という人がいたとしましょう。

これはナンセンスです。以下を見てください。

・告白したい→自己啓発セミナー→告白する
・告白したい→告白する

自己啓発セミナーに行こうが行かまいが、結局「告白する」という行動は同じです。それならさっさと言ってしまった方が良いと思いませんか?

大金をかけて自己啓発セミナーに行こうが行かまいが、結果を決めるのは相手です。告白する側にはどうすることもできません。

自己啓発セミナーに行くことと告白結果は何の関係もありません。

イメージが大事✖️

「イメージが大事」というのもその通りです。しかし、なんでもかんでもイメージすれば叶うというのは勘違いです。

よくイメージのリアリティを高めればそれが現実に反映されるという自己啓発理論がありますが、なんでもかんでも反映されるわけではありません。

神経科学の研究によると、私たちは確かにイメージや過去の記憶で物事を見ていますが、それはせいぜい半分程度で残り半分は視覚を使って現実を見ています。

そのため、リアルなイメージを描ければ現実に影響は与えられるかもしれませんが、それは最大でも全体の半分程度に留まります。

イメージが全てだという主張は嘘です。人間が見ているものは半分が記憶、もう半分は視覚と覚えておきましょう。

気持ちが大事✖️

「気持ちが大事」もその通りな側面はあります。しかし、気持ちがあるから夢が叶うわけではありません。そこには現実的な行動が必要です。

それから自己啓発セミナーではモチベーションの重要性が語られがちですが、モチベーションは自然と湧いてくるものではなく、行動することで初めて湧いてくる性質のものです。

行動せずにイメージしているだけでは湧いてきません。
実際に動くのに伴って湧いてくるものなのです。

まとめると、自己啓発セミナーは当たり前のことを大袈裟に言っているだけなので、お金と時間の無駄です。

そんなものに行かなくても3冊程度、自己啓発の良書を読めば十分です。

また、自己啓発セミナーでは極端な理論が伝えられることが多いので、正しい情報を持って騙されないようにしておきましょう。

というわけで、今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です