「気功」ってあるの?

今日は「気功ってあるの?」という話をしたいと思います。
先日ある方から質問を受けて、「気功って本当に存在するんですか?」っていうね。
質問を受けたんでお答えしたいと思いますけど、気功は存在します。
まあイメージでいうと催眠のような存在の仕方だと思ってもらうとわかりやすいかな。
催眠って一般の人にとっては、「そんなもん存在しねーよ」って思われてるかもしれませんが、ちょっと心理カジってたり催眠見てみたりしたことがある人は、催眠があるっていうのを知ってますよね。気功もそんな感じのイメージに近いかなと思います。
「気なんてエビデンスないじゃないか」って科学系の方は思われるかもしれませんが、エビデンスは一応、ラインという人が出しています。
気功師の手から出ている赤外線の波長が少し一般人と違ったみたいな研究がありました。
本当かよっていう疑いはなきにしもあらずですが、一応、エビデンス的にもあるみたいですね。
とはいえ、「気っていうものが何なのか?」は正直分かりません。
よくわからないけど実際に存在しているもの。それが気ですね。
ただ、気っていうのは確信がある人にしか見えないというか感じられないというか、そんなものです。
「気が存在しているんだ」っていう確信ですよね。
枠組みがないとおそらく感じることができないし、使うことができない。
まあそういったものだと思います。
最近、構成主義的な研究では、感情も「感情が感情であるんだ」ということを人間が認識しているから、感情というものが存在するんだと主張している人たちも出てきたりとかね。
「元も子もないじゃん」って言いたくなるんですけど、気もそんな感じです。
要するに気という枠組みの世界を理解して確信している人が、感じることができるもの。
それが気ですね。

白隠禅師

禅宗なんかで言うと、古くは白隠という人がいます。
修行しすぎて、現在でいうところのうつ病とか自律神経失調症みたいな状態になった僧です。
白隠は禅病にかかって、それを治すために白幽仙人という医学に詳しい仙人の元を訪れます。
京都の北のほうですよね。
実際、僕もそこに行ってみたことあるんですけど、途中で google マップが切れて、もうわけわからない山の中に取り残されてしまったんですけど、現在の京都造形大学の近くの山だと思います。
それはさておき、白幽仙人がその白隠に向かって言ったことは、「あなたの病気は禅病です」。
要するに気が乱れていると伝えました。
臍下丹田っていうヘソの下あたりの丹田ですね。
よく丹田呼吸とか言われるあの丹田です。
白幽仙人が言うには、丹田こそが気が治る場所であり、白隠は度重なる無茶のせいで、そこに気が戻らなくてめちゃくちゃな状態になっていると。
気があちこち行っているのだから、そこに戻す方法論が必要だということで、丹田呼吸法という方法論を紹介したわけですね。厳密には合わせて軟酥の法という今でいうイメージ療法のようなものも伝えています。
結果、白隠は助かって、82-3歳ぐらいまで生きました。
禅病に罹患した当時は、20代ぐらいだったんですけどね。

「気功」は何から学べば良い?

そういったところに気の記述っていうのがあったりとか、気の存在は古くから知られていたということですね。
気功は中国の方からやってきたわけですけど、その昔、医者は皇帝の顔を見ることができなかったんですよね。
当時の医者と言えば、漢方医とか鍼灸位とかそういう人たちですけど。
けれど、医者なんで治さなければ、殺されるんですよ。
顔も見ずに皇帝を治さなければならないということで、そういうむちゃぶりから気功が生じたという説もあったりします。
とりあえず気に関して僕が言えることは、確信する人には見えるものだということです。
ところで、僕自身は何で気があるって確信したかというと、自分でやってみたからですね。
まぁいつも通りのパターンで試してみて再現できたものしか興味ありませんからね。
実際、ある女性の風邪が気功をやった後に治ったんですね。
特に喉の痛みが綺麗に消えました。
僕はこの経験があって「本当に気功って存在するんだ!」っていう感じで理解したわけです。
気功の教材ってあまり良いものがないんですけど、僕が見た中でよかったと思ったのは苫米地さんの教材ですね。
黒いカバーの気功の DVD なんですけど。
高額ですがよくまとまっています。
苫米地さんって怪しいイメージがあると思うんですけど、その気功の DVDはそんなにぶっ飛んでないというか、まともなものです。こういう言い方するとファンの方々に怒られるかもしれませんが。
とにかくそのDVDの技術を踏まえてやると、風邪ぐらいは治ったという感じですね。
また、Youtubeで紹介したいと思いますけど、とても興味深いDVDでした。
彼が出している気功の本もざっくり「気」の概要を掴むのには役立つと思います。
「気功なんて催眠と一緒じゃねーか」みたいな人もいると思うんですけど、僕は質的にはちょっと違うように感じてます。
どっちも実践してみての感想です。
興味ある方はそのdvd を見るか、白隠の本を読んでもらうと気のイメージが掴めると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です