心理学はイメージと違う?心理学部では何を学んでいるのか?

生徒
生徒
Ryotaさん、心理学って「人の心を操る」みたいなイメージなんですけど、実際のところどうなんですか?
Ryota
Ryota
んー、人の心の操り方は大学では学ばないね。実際には基礎心理学・心理検査・心理療法・精神疾患などを中心に学ぶよ。
生徒
生徒
そうなんだ。催眠とかNLPとかそういうのが心理学のイメージなんだけどな〜。あと、夢叶える的な?
Ryota
Ryota
催眠は催眠療法としては学ぶけど、催眠術とはだいぶ違うよ。催眠術はエンターテイメントだけど、心理学の催眠は、心の治療のために使われる催眠だね。あと、NLPは正確には心理学ではないね。心理テクニックとでも呼ぶ方が正しいかな。夢叶えるは自己啓発かな。
生徒
生徒
NIAが思っているより心理学ってお堅い感じなのかな?
Ryota
Ryota
うん。そのイメージが正しいだろうね。心理学って聞くとなんか身近なイメージがあるだろうけど、実際は学問だから結構お堅い物ではあるよね。学問って基本堅いじゃん?笑
生徒
生徒
なんかイメージと違うな〜。じゃあ、例えば、どんなものが学問としての心理学なの?
Ryota
Ryota
んー、そうだなあ。例えば、心理学の創始者のヴントって人は内観法を開発したんだけど、この内観法ってのは対象を要素に分解するための方法だったんだよね。リンゴが目の前にあったら、心理学者が実験室にこもって、赤い・丸い・美味しそう・・・etc みたいな感じでリンゴを要素に分解して報告させていく。これが内観法ね。ヴント以前の心理学は哲学の一部だったから、ヴントは科学としての心理学を独立させたかったんだよね。要素に分解して報告することで客観性が担保されて、心理学は科学として独立できると考えたわけだ。学問としての心理学ってこんな感じだね。笑
生徒
生徒
聞くんじゃなかった・・・。とりあえず、心理学が結構難しいのは分かった気がする。NIAは心理テクニックだけでいいや・・・。汗
Ryota
Ryota
実際、大学で何やっているかというと、基本先行研究を学んでるんだよね。先人の研究者が発見した心理現象を書籍や論文、講義で学んでいく。心理検査や心理療法は実践的な授業が多いんだけどね。「どういう研究でどのような心理現象が発見されたのか?」そういったことに興味が持てるなら大学で心理学を学ぶことをオススメするよ。ちなみに臨床家になりたい人は、好きだろうが嫌いだろうが学問としての心理学は通らなければいけないね。心理療法は人の心を扱うし、それは時に命の危険とも隣り合わせだから学問的な基礎は絶対に学んでおかなくてはいけないよね。
生徒
生徒
そうなんだあ。なんか心理学を学問としてガッツリ学ぶのって覚悟いりそうだよね。
Ryota
Ryota
そうだね。特に臨床家になるためには相当勉強しないといけないと思うよ。でも、それが楽しいんだけどね。ケースとかね。
生徒
生徒
ケース?
Ryota
Ryota
大学院だと実際に相談室に来たクライエントに学生が心理面接を行うんだよ。料金もちゃんともらう。(もちろん、学生はお金もらえないけどね。笑)そうやって授業で学んだことを実践していくんだ。
生徒
生徒
それはやりがいがありそうだよね。上手くいかないことも多そうだけど経験になるよね。
Ryota
Ryota
そうだね。SV(スーパービジョン)っていうのがあって、指導教授に心理面接の指導も受けられるから勉強になるよ。
生徒
生徒
先生に見てもらえるのは良いなあ。なんか思ってたのとはちょっと違ったけど、学問としての心理学についてなんとなくわかった気がする。
Ryota
Ryota
そっかあ。それなら良かった。
生徒
生徒
まあ、NIAはいきませんけどね・・・笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です