感情は伝播する

人間の感情は伝播することが脳科学研究で明らかになっています。

感情が伝播することは簡単に体感することができます。

 

明るい人といる時、暗い人といる時で自分の感情の違いを確認してみてください。

明るい人といる時は自然に自分の気持ちも明るい状態となる一方で、暗い人といる時は私たちの感情も自然と暗くなります。

自分の心の中を味わうように感じてみると、自分の中の感情の変化に気がつくことができます。

 

隣に明るい人がいると自分の気持ちも明るくなり、隣に暗い人がいると自分の気持ちも暗くなるということは、他人の感情が伝播しているという証拠です。

もし伝播していないのであれば、他人の状態が自分に伝わるはずはありません。

 

脳は同期する

人と話していると「この人とは気が合うな〜」と感じることがありますよね?

 

脳科学の研究によって私たちが相手に対して「気が合う」と感じる時の脳の状態がわかってきました。

私たちが気が合うと感じている時、私たちの脳は相手の脳と同期している状態だったのです。

 

科学的に言うと、同じ部位が活動していたり、発火(脳細胞の活動)パターンが同じだったりします。

簡単に言うと、なんかこの人とは「気が合う」と感じている時、互いの脳は同じ活動状態にあるということです。

 

ミラーニューロン

1996年にイタリアのリゾラッティらによって発見された細胞です。

リゾラッティらは猿の脳研究を行なっていました。

 

休憩中、アイスクリームを食べていたところ、猿の脳細胞が活動しました。

猿は彼らがアイスクリームを食べる姿を無意識に真似していたのです。

 

私たちは他人と出会った時、無意識に相手の真似をしています。

それは感情も例外ではありません。

 

ミラーニューロンの活動により、他人の感情が自分に流れ込んでくるのです。

 

新しい感情コントロール法

「感情が伝播する」この事実さえ押さえておけば、難しい自分自身の感情コントロールも可能になります。

自分一人で感情コントロールすることは中々難しいものです。

 

「ネガティブにならないぞ!」と決意しても次の日にはまた元のネガティブな自分に戻ってしまう。

こんな経験は誰しもあると思います。

 

そんな時は他人の感情を借りれば良いのです。

具体的にいうと自分より少し明るいぐらいの人と多めに付き合えば良いということです。

 

自分がとんでもなくネガティブなのに、異常に明るい人と付き合おうとすると逆に疲れますから、自分より少し明るいぐらいの人を探して付き合うのがコツです。

自分がネガティブになっているなと感じたら他の人から明るさを伝播させてもらう。

 

他人の感情を借りて、自分の感情をコントロールできるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です