今回は読書家にとってもオススメな書見台の紹介です。

 

書見台とは読書の際、本を固定しておいてくれる便利グッズです。

毎月30冊以上本を読む Ryota 愛用の書見台「Flip Clip」を紹介します!

 

Flip Clipとは?

画像を見た方が早いと思いますので…。

Flip Clip はこんなやつです。

青色のやつです。

Flip Clip は後ろの本と比べても分かるようにとても小さい書見台です。

「こんなものでどうやって書見台の役割を果たすのか?」と疑問に思うかもしれません。

Flip Clip は見かけに似合わずちゃんと役目を果たしてくれます。

 

Flip Clip の使い方

使い方は簡単。

好きなページを開いて本を挟むだけ。

 

Flip Clip の大きな特徴の一つとして、「挟む力」が挙げられます。

書見台の中にはすぐグラついてしまうものもありますが、Flip Clip にはそのような心配はありません。

大きさからは想像のつかないほどの強力な力を持っているため、しっかりと本を固定してくれます。

 

 

その① 文庫本 を挟んだ場合↓

文庫本は楽々ですね。

手を離しても本が開きっぱなし。

 

 

文庫本は余裕でしたが、もう少し分厚い本はどうでしょうか?

さっそく、辞典を挟んでみました。

 

その② 辞典 を挟んだ場合↓

安定しています。

Flip Clipの強力な挟む力のおかげです。

 

僕は本を開いて文章を書く機会が多いので、Flip Clipはとても役立っています。

特にPCでの入力作業には欠かせません。

 

他にも本を読みながら、「ちょっとコーヒーを入れて来ようかな?」と思った時なども重宝します。

好きなページを開いたまま席を離れられるのでとても便利です。

 

Flip Clip は本を守る

「うわっ!カバンの中に入れてた本のページが折れている!!!」

これは読書家なら誰しも一度は経験すること。

しかし、Flip Clipがあれば心配ありません。

 

↓の画像を見てください。

Flip Clipは強い力で本を挟み、カバン内で勝手にページが開かれることを防ぎます。

大きな本や大切な本などを安全に運ぶ事ができます。

僕は大きな本をカフェなどに持ち運ぶ事が多いので、この機能をとても重宝しています。

 

Flip Clipは完全アメリカ製なので、値段は1500円程度しますが、一度手に入れると手放せないオススメグッズです。

ぜひ読書のお供にどうぞ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です