認定心理士 取得のススメ。社会人でも目指せる正統な心理学資格

心理学の資格

心理学の資格と言えば、臨床心理士・公認心理師です。

これらの資格は大学院進学が必要であり、社会人から取得するのは実質困難です。

また、難易度も高く、簡単には入学すらできません。

 

しかし、社会人生活を送る内に心理学に興味を持ち、心理職に就きたいと考える人もいるでしょう。

そんな社会人が取得できる心理学の資格はあるのでしょうか?

ありがたいことに実はあります。

認定心理士です。

 

世の中には「〇〇カウンセラー」のような資格が出回っています。

実はこのような資格は数時間程度座っていれば取れる資格で、取得したところで心理職には就けません

検索すれば通信講座のカウンセラー資格を勧めているサイトが多く出てきますが、これらの講座はお勧めしません。

 

紹介している人はいわゆるアフィリエイターで、サイトを訪れた人が通信講座に申し込めば自分にお金が入る仕組みです。

だから、何の役にも立たない通信講座資格を社会的に認められているかのように紹介しているのです。

 

社会的に認められている心理学の資格は、

・臨床心理士
・公認心理師

 

加えて、
・臨床発達心理士
・学校心理士

 

さらに基礎資格として

認定心理士

 

ここまでです。

上記以外の資格は取っても就職という点では意味がありません。

 

認定心理士のススメ

注目してほしいのは最後の認定心理士です。

認定心理士は心理学を学んで大学を卒業したことを証明する資格です。

取得するためには大学の心理学部に在籍し、必要な単位を修めて卒業しなければなりません。

 

臨床心理士などのように専門資格ではありませんが、認定心理士は心理学の基礎を修めたことを証明してくれます。

また、数は少ないですが、認定心理士の求人もたまに見かけます。

 

社会人で認定心理士を取得する場合、通信制の大学がオススメです。

例えば、放送大学などがあります。

最終学歴が大卒の場合、3年次編入に入学すると2年間での取得が目指せます。

通信制は社会人でも取得しやすいように学習システムが配慮されていますので安心して学べます。

 

通信講座で座っていれば取れるだけの資格では、「自称カウンセラーでしょ?」と言われてしまっても反論できません。

認定心理士を持っていれば、「私は大学で心理学を学んでいました」と自信を持って言うことができます。

臨床心理士など心理学の専門家からも同業者と見なされることでしょう。

 

認定心理士を持った上でNLPなどの他資格を持っていれば、「ちゃんと心理学を大学で学んだ上でNLPも学んでいるんだな」と思ってもらえることでしょう。

 

認定心理士の取得は2年間かかりますが、人の心を扱うのですからそれなりの勉強は必要です。

どうせ学ぶなら大学のカリキュラムで質の良い勉強をして、認定心理士を取得しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です