信頼できる自己啓発プログラムは存在するのか?実践して確かめてみた

こんにちは、Ryotaです。

この記事では「信頼できる自己啓発プログラムは存在するのか?」について書きます。

世の中には自己啓発プログラムがあふれていますが、どれが正しくて信頼がおけるものであるのかを明確に発信している人は少ないように思います。

そこで、僕が自分で試して効果が高かったと感じる自己啓発プログラムを紹介し、学ぶ時のポイントも加えて解説したいと思います。

結論から言うと、人生を変えるほどの自己啓発プログラムは以下の2つに集約されます。

1.ダイナマイトモチベーション(石井裕之)
2.TPIEプログラム(苫米地英人)

この2つについて解説を加えます。

 

ダイナマイトモチベーション

石井裕之さんは今はほとんど活動されていませんが、2010年頃まで活動されていた催眠療法家です。
特に催眠の大家ミルトン・エリクソンに傾倒し、集中的に学ばれていた時期があったようです。

石井さんは特に心理系の資格を持っているわけではないので、全て独学で学ばれた方です。
心理学の専門家から見たら「資格もないくせに」などと思われるかも知れませんが、独学のレベルが非常に高い。

現在、占い師が使っているコールドリーディングを世の中に広めたのは石井さんです。
著書『なぜ占い師は信用されるか?』はベストセラーになっています。

石井さんは幼少期から「なぜ自分だけ何をやってもダメなんだろう?」と悩んでいたようで、そこから大人になるまで「変わりたい」と言う思いで様々な実践を重ねてきた方です。

ダイナマイトモチベーションはそんな石井さんの集大成とでも言うべきプログラムです。
このプログラムは1週間ごとに一つの音声を聴き、それを実践するというスタイルのものです。
1週間実践したら次の週へという感じですね。

ちなみに僕がダイナマイトモチベーションを実践していたのは3年前くらいです。
ちょうどその頃にコールドリーディングも習得しました。
コールドリーディング関連の石井さんの本は全て読み全技法を実践することで習得しました。
なので、今でも僕のコールドリーディングのスタイルは石井流とでも呼ぶべきものです。

また、「伝える心理学は僕自身かクライエントを一度通したものである」

僕のこの考え方は石井さんから影響を受けたものです。

実質的に効果があるか否かにこだわるのも彼から影響を受けた点です。

いずれにせよ僕自身が石井さんから受けた影響は大きいものだということです。

実践を続けてきた人だからこそ発見できた心理テクニックや思想の数々は、どん底にいる人にとって大きな変化を生むものになるでしょう。

ダイナマイトモチベーション紹介ページは↓

 

TPIEプログラム

アメリカのコーチング会の巨匠ルータイスが開発し、認知科学者の苫米地英人さんが日本に広めた自己啓発プログラムです。

苫米地さんというと怪しいイメージがある人もいるかと思いますが、コンピュータサイエンスの分野での知識は一流です。

認知科学は心理学だけではなく、コンピュータサイエンスの分野の影響を強く受けたものであるため、その分野で博士号を持っている苫米地さんの理論が組み込まれているTPIEは他の自己啓発プログラムと比べて効果が高いと言えるでしょう。

しかも、TPIEの開発にはセリグマン・ペンフィールド・フェスティンガーなど多くの心理学者が関わっています。
そのため、心理学の理論もふんだんに使用されているおすすめプログラムです。

僕がTPIEから大きく影響を受けたのは「セルフトーク」についてです。

TPIEは「こうしよう」という理論がユニットごとに分かれておりその数は約20個を超えます。

その中の一つ「イエス・アイム・グッド」というセルフトークのユニットではセルフトークマネジメントの方法論が語られています。

簡単に紹介しておくと、うまくいったときは「自分らしい」、失敗したときは「自分らしくない」という2つにセルフトークを集約してしまうというものです。

この理論は、私たちの思考は言語で成り立っているため頭の中で「やばい、最悪だ」「どうしよう」などの否定的なセルフトークをする度に認知が歪んでいくという仮説のもとに成り立っています。

実際、かれこれ2、3年このセルフトークマネジメントをやっていますが、非常に効果が高いと感じています。

簡単に1ユニットだけ紹介しましたが、このような有益な理論が20以上詰まったTPIEはやはりおすすめの自己啓発プログラムだと言えます。

TPIEは書籍が出ているので↓に載せておきます。
ブックオフなど中古でもよく見かけるので手に入れていて損はない本です。

こちらは図解でわかりやすい本です。

 

こちらは図解版よりも詳しく学びたい方のためのテキストです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です