この記事では、メンタリズム系のおすすめ本を紹介しています。

僕は今でこそ学問的な心理学の専門家ですが、元はアンダーグラウンドな技術を学んでいた人間で、コールドリーディングやサブリミナル・フォース、催眠などのメンタリスト系のテクニックを長い間実践してきたという過去があります。

アンダーグラウンドな分野では、特にコールドリーディングの専門家として認識されていました。

その頃に僕のメンタリズム系の技術を教えてくれた本たちを厳選して紹介したいと思います。

ここに記載されている本を読み、技術を習得すれば、「あなたも一流のメンタリストの仲間入り」というわけです。

もちろん使用は自己責任でお願いします。

ちなみに今回もランキング形式で紹介します。

 

メンタリズム系習得のための秘密書籍ランキング

 

第5位 DaiGoメンタリズム〜誰とでも心を通わせることができる7つの心理法則〜

日本で唯一のメンタリストであるDaiGoさんの処女作。

メンタリストが持つ技術についてわかりやすくまとまっています。

ちなみにDaiGoさんの本はこれがベストです。

この本が良い理由としては、DaiGoさんの師匠である眉村さんがこの本の監修に関わったことが挙げられます。

「メンタリズムとは何か?」「どんな技術を使うのか?」について知りたい方にとって、入門書としておすすめです。

 

第4位 メンタリズムの罠

イギリスのメンタリスト、ダレン・ブラウンの著書です。

世界標準のメンタリズム・メンタリストについて学ぶことができます。

また、巻末の推薦文献も豊富で、メンタリストを目指す人が今後どのような文献に触れていけば良いのかが、詳しく書かれています。

ダレン・ブラウン自体、世界的に有名なメンタリストなので、学ぶところが多い書籍です。

入門書としておすすめです。

 

第3位 催眠術の教科書

催眠誘導研究所の林貞年さんの著書。

メンタリストは時に催眠術も使いますので、ご紹介します。

Amazonレビューで「この内容を一般向けに公開するのは危険すぎる」と指摘されたほどの技術書。

催眠術が実際にできてしまう数少ない書籍です。

僕が見ても恐ろしくまとまっており、「これは初学者でも催眠術ができてしまうだろうな」と思ってしまう本です。

これこそ自己責任でどうぞ。

 

第2位 なぜ占い師は信用されるのか?

僕の尊敬する石井裕之さんの著書。

コールドリーディングのバイブルとでも言うべき存在。

発売当時、大阪を中心とした町の占い師たちが、手垢がつくほど読んだと言われるベストセラー本。

比較的ページ数の少ない書籍にも関わらず、コールドリーディングのほとんどの技術がわかりやすく網羅されています。

これ一冊を読み込み、実践すればコールドリーディングの技術を自分のものにできます。

僕自身もコールドリーディングを習得するためにかなりお世話になった書籍です。

 

第1位 Psychological Subtleties1

知る人ぞ知るサブリミナル・フォースの名著。

サブリミナル・フォースとは、相手が気づかないうちに自分の意図したものを選ばせる心理誘導のことです。

例えば、カードを5枚並べて、右から2番目だけ少し両隣のカードと隙間を空けておく。

こうするとそのカードが選ばれやすくなります。

これがサブリミナル・フォースです。

非常に高度なテクニックですが、著者のBanachekはとてもわかりやすくまとめてくれています。

上級のメンタリスト向けの本です。

ちなみに現在は、フェザータッチというマジックショップから購入できます。

洋書ですが、日本語解説も別途購入可能です。

 

関連記事↓

【ランキング形式】「自分を変える」おすすめ心理学本5選

 

【厳選】絶対読みたい心理学のおすすめ学術書10選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です